読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

futoase

よろしくお願いします。

人を評価することで気をつけていること

最後に会ってからしばらく経っている人についてはマイナス面を言わない

難しいのだけど、もうあの人と会って半年以上、一年ぐらい経つかもという
ことであれば、その人の趣向や生活は変わっている。経済環境も変わっている。
だから、前頭に来ていたあの人の性格や生活態度、お金の使い方については
変わっている可能性がある。良くなっているかもしれないし、悪くなっているかもしれない。
容姿ですら異なっている場合だってある。

他人のとある欠点ばかりを第三者に主張しない

他人のとある欠点ばかり、例えばドキュメントをまとめる能力が低いとか。
せめて当人にどうすれば解決できるのか、ということをアドバイスする気がないのなら
心のなかに秘めておいたほうが良い。

他人から聞いた評価をそのまま当てはめてはいけない

人から聞いた評価というのは、その人のフィルターや
噂を含んでいてノイズが多い。本当に気になるのであれば、会話をして
意思疎通をはかること。

周りがダメ出ししているからって自分はダメ出ししない

未評価の人間についてはできるかぎりニュートラルにしておきたい。
もし周りがダメ出しし続けているなら、聞き手として上手に振舞って
その場をしのごう。その後、本当にそうなのか検証していけば良い

社会的立場だけで判断しない

◯◯会社の偉い人だから人格的に優れているとかどうしようもないことはやめよう。
負っている責任が違うということだけに注視しよう。
給料が高い、というのも責任を被っているために対価として支払われているのだから、
とやかく言わない。むしろ羨ましがろう。給料沢山もらえている状態は羨ましいし。


結局、周りに流されてばかりだと自分がだめになるので、落ち着くこと。

Copyright (c) 2013-2017 Keiji Matsuzaki