読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

futoase

よろしくお願いします。

求人情報に惹かれなくなっていってしまった。

雑記

求人情報に惹かれない

例えば、こういう求人。

  • 年収400万〜800万
  • 開発にはRubyを採用!
  • Railsも最新、4.x系を利用
  • DBはMySQLAWS RDBを利用

どういう技術を使っているのか、というのを
たんたんとした形でリストに起こされてもまったくピンと来なくなってしまった。

どうしてなのだろうか、と思って
風呂に入ってる間に考えてみたのだけど、
年収でもない。年収1500万〜でもどうしても惹かれない。
なんだろうな〜と考えたら、「人」という考えに落ち着いた。

どれだけ会話を重ねた人がその会社にいるのか
という点を無意識に重要視してるんじゃないかなあ。

技術的なノウハウや何やら、
学ぶことはたくさん有るのだけど、
知ってる人たちで構成されるチームは知ってること前提で
少ない会話で意思疎通ができるから心地よい。

新人を育てる、という面では最悪なので
多少のブレを許す形だけれど。

今年はできるだけ人と会話していくようにしたい。
そうじゃないと先が見えないな。

直近で転職とか一切考えていないけど、
めまぐるしく変わる採用技術の状態、枯れ具合、
情勢の変化など色々と考えると不安になるので探してしまう。

求人情報サイト、マッチングサイト、
最近色々と出てるし、よくwantedlyを見るようにしてるけど
もっともっと会話できるような形にならないかなあ。

10時間とかでも足りないんだよなあ。
面接だと30分〜1時間ぐらいだろうし、
それじゃ短い。僕の性格的に人の評価をできる時間じゃないし、
うーむうーむと悩む。

エージェントはそこのめんどくさい層を
サポートしてるから助かるんだろうけど、それは嫌なんだよなあ。

2014年〜〜〜〜

Copyright (c) 2013-2015 Keiji Matsuzaki