futoase

よろしくお願いします。

手札を見せて給料を上げていくしかない

給料を上げていくには

http://mizchi.github.io/kyonmm-lt/

これを見て思ったことだけれど。
自分のスキルは何があり、受け取り手側が見て、
「あ〜、このひとうちのxxって業務任せるのにピッタリだわ」とか
「この人の性格、俺に合いそうだし一緒に仕事やっていけそうだわ」とか
そういうことを思わせる必要がある。

もう業界が狭いとかそういうレベルじゃない2014年の時代に於いては、
自分が得た知見をきちんとまとめて、発信できることも重要だし、
場に出すタイミングも重要だし、
手札を明らかにして、手札を見た相手といっしょに戦略を考えていける環境を作らないといけない。

来年の今頃、もしかしたら知り合いの会社の手伝いやってるかもしれんし。
人生何が起きるかわからんし。

そして奥の手はは隠しておくみたいな。

口だけでどうにかしようとか、声の大きさで
相手を屈服させようとかしゃらくせえことをしても
もう通らない感じになっちゃったなぁと感じる。

声が大きいだけな人はもう不必要

アウトプットのない状態で出す意見は、価値が極めてゼロに近い状態になる、
とても厳しい。文章で表現するだけならだれでも出来てしまう。
ゆらぎのある表現になる。
過去に発言した内容の5割でも当たってたら、
「ほら俺あの時いったじゃないか」とか言っちゃいがちだ。

でもまあ、ソフトウェアとかソースなり環境なり、
ハードもそうだけど、「形」として起こしてしまえば
その時点でのその人の理解力、実装力について見ることが可能だから、
まあ、いいような気がする。

雨が降っててだるい。

Copyright (c) 2013-2017 Keiji Matsuzaki