読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

futoase

よろしくお願いします。

「サービスを育てる」気概がなければ、人は無茶な注文を出しまくる

雑記

ヒィッ

「1日でなんとかしてよ、すでにあるものを真似るだけだから簡単でしょ」
「10万人のサービスなんて広告打てばすぐだよ」
「サーバ担当?実際何もやってないんじゃない?」
「ピクセルの色明るくするだけじゃん。今はツールが発達してるからちょちょいのちょいでしょ」
「ボタンのクリックを0.3秒ぐらい早くしてくれないかな、今すぐ。」
「2日でできないのそれ?X社はすでにその製品作ってるよ?何やってるの君。」

時間の経過

  • 3ヶ月でだいたい、やりたいことが見えてきて手の付け方がわかってくる
  • 1年経ってチームの動かし方を知り始める
  • 2年経っておっきい年単位のイテレーションが2回回ってるので比較できるようになる
  • 3年経って世の中の流れの波が切り替わる時期を迎え、転機を迎える
  • 5年経ってメンバーが抜けたり入ったりして入れ替わりがはいり、文化が変わる
  • 7年経って、世間も会社も市場もふた回りしたので、以前の姿を比較することができるようになる

...というのは妄想ではあるのだけど、
「育てる」っていう気概がなければ何も成し遂げられない。
1000万出資してもらってあれこれやるとかいいんだけど、
金さえあればなんでもいけちゃうなんてことはないし、
1年で世間に浸透して人口の5%が知ってるサービスを作るなんてキビシイ。

継続してやり続けていく、走り続けることを考えられないと難しい。
宝くじや万馬券当てるわけじゃないので、いきなり人生かわった!俺変わった!みたいな体験なんて無理だ。

Copyright (c) 2013-2015 Keiji Matsuzaki