読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

futoase

よろしくお願いします。

「とりあえずやってみる」という気持ちを挫けさせないようにする

雑記 人生

言いたがりの人

何気なく投げつけてしまう言葉

  • 「そもそもやろうとしてること間違ってない?」

言葉の受け取り手

  • 「注意してきた人、僕より年上だ。経験が上だから、書くのやめてしまおう」

悲しさ

こんなことになってモノをつくろうとしなくなる、というのは
悲しすぎる。

言いたがりを抑えるために

他人にアドバイスしたいのはわかるが、
言いたがりは他人を挫けさせる。アキレス腱を切ってしまう。
何か始めようとしている人を邪魔してしまう。
ので、とにかくポジティブな言葉を贈る。

「素晴らしい」と言う

それだけ言う。何か追加したくなっても、すぐには言わない。

何をやりたかったのか、を念頭に相手に問いかける

  • 「そのコード、クソだよね。やる気あるの?」

と言ってしまうとそこで会話が終了。なので

  • 「おお、○○できるものを作ったんだ。良いね。」

と言って、話をつなごう。
相手が何を思って行動に出たのか、を最初に聞くようにする。

傷つけるなら傷ついた後のケアまで面倒を見る

相手にどうしても言いたいことがある場合は最後まで面倒を見る。
やる気を失って作業できなくしてしまった後、ケアをしないのであれば
言わない。我慢する。

  • 「モノの出来はわかる。けどバグがある。」
  • 「今からペアプロしてコードのリファクタしよう」

自分の立場を考える

  • 相手より今いる会社に慣れていないか
  • 相手から見て上司にあたらないか
  • 相手から見て年上じゃないか

いずれかが揃ってると、言われた方は
反発することは少ない。大抵の人間は優しい。

他人に何か言うってことは

自分で納得できないことがあるが、
その責任を他人に押し付ける行為から生じるものじゃないかと
考えている。

自分は自分で納得した形で行動できているか?を念頭に置きたい。

Copyright (c) 2013-2015 Keiji Matsuzaki