読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

futoase

よろしくお願いします。

freeeでの試用期間が終わった

人生 開発 雑記

6/2から働いているfreeeでの試用期間を終えていた。
早いものだなあ。

2014年は勝負の年とか言ってもやもやしつつフラフラしていた。
ある時出席していたTokyu Ruby Kaigi平栗さんが発表してて、
「あっ、freeeだ!」って思って話ししてみて、
じゃあうちに見学しにきたら、というのが
入社のきっかけだった。不思議だ。


東大法学部卒(31歳・無職)が半年でプログラマーになれたのは生存本能のおかげ~『freee』開発者・平栗遵宜さん - エンジニアtype


その後面接の時になんかすごく勝負勝負言ってた気がする。

その後入社して、久しぶりに自分でコントロールが効く環境、インフラやミドルウェアを選んだり、AWSのサービスに触れたり、コード書いたりアプリ書くなり、不自由なくやれている。
不自由があれば、居ないと思う。
とにかく楽しい。辛いことがあるけど。

…自分の能力の足りなさを感じながら過ごして、
たくさんのイベントが発生して、崩れそうになったりしたけど、
まあうまくやってる気がする。

freeeに貢献しなければ、と思いつつ。
来年はどうしようかな、とか。
組織ってなんだろなとか。

小さいことでもこなして、相手に価値を届けられることを、近い人から大切にしようとか。

今の会社に入ってから随分と変わった。
3ヶ月しか経ってないのに。

2014年、勝負してよかった。
得られた今の環境が良すぎる。

…最近githubのpublicステータスを放置気味なので、
簡単なプロダクトでもおったてて、commitしていたい。
コードずっと書いていたいなあ。

この文章はiPhone 6 Plusを使ってEvernoteによって書かれた。
freeeでは本物のエンジニアを募集しています。


エンジニア募集 | 全自動のクラウド型会計ソフト「 freee (フリー)」

Copyright (c) 2013-2017 Keiji Matsuzaki