読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

futoase

よろしくお願いします。

競争戦略論 I・IIを読んだ (特に中身の無い)

競争戦略論を読んだ。ソフトウェア開発の足しになれば、と。

競争戦略論〈1〉

競争戦略論〈1〉

Iについては、書かれている内容は過去に書かれていた論文+加筆なので割愛。


競争戦略論〈2〉

競争戦略論〈2〉

IIについてはクラスター理論が終始かかれていた。
クラスター理論とは、まあ半導体作る会社がいたら、
半導体を元に新しい装置を作る会社が周りに生まれ、
その新しい装置を作った会社の周りにはその装置を使う会社が生まれ、
という形で、コア技術を中心としてビジネスが回る、という話だった。

もうちょいこういう経営戦略論の本を読むと良さそうだなと思った。
ソフトウェア開発を良くしていく、客観的に見ていくにはどうするか、
を常に悩んでしまっている。

Copyright (c) 2013-2017 Keiji Matsuzaki