読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

futoase

よろしくお願いします。

"「納品」をなくせばうまくいく"を読んだ

読書 雑記

「納品」をなくせばうまくいく

社員が貸してくれたので読むことにした。

「納品」をなくせばうまくいく ソフトウェア業界の“常識

「納品」をなくせばうまくいく ソフトウェア業界の“常識"を変えるビジネスモデル

ソニックガーデンさん

ソニックガーデンさんは、Qiitaで良くRails関連の技術記事で、困ったときにぐぐるとよく引っかかる
記事を書かれている人がいるなぁ、ぐらいの認識でした。

qiita.com

受託して納品しただけで終わらせない意味

最初本のタイトルから受けた印象はよくわからない感じでしたが、
内容を読んで、納得しました。

要点として

  • 納品したら終わりではなく、サービスを育てることそのものも含めて開発として請け負う

という感じかな、と。

完全リモートワーク

ここの点についても、自由に働き各エンジニアの裁量にまかせる、と書かれていました。
信頼できるエンジニアを採用してるから成り立つのかな、と思って読んでいたところ、
その通りのことをやっている、と本に書かれていました。

受託会社未経験の自分として

受託をして、他の会社、二次請け三次請けなどの「親元」を伺いながら開発しなければならない
会社にいたことがさっぱりなく、何かしら自分たちでコンテンツを作る、育てていくところばかり
経験していったので、半分ぐらい、「受託ってそうなのか」という印象を受けました。
よくネットでは記事を目にするけど、わからなかったりする。

個人的に気になったところ

ギルド制度というものが気になりました。あと、自分の管理におけるよう小さい会社、把握できる社員数に抑えるという
理念があるのも気になりました。(人間の認知できる人格の数に上限はあることは当たり前なので)

感想

結構乾いた感じの感想ですが、こういう会社もあるのだな、という印象です。
未だに納品->その後の運用は自社100%か、納品後のバグ対応は変更仕様書を出すのか、みたいなのぐらいしか
印象・経験したことがないので、ソニックガーデンさんの仕事の受け方は印象的でした。

あと若い会社なんだな、ということすら知りませんでした(2011年創業 -> MBOとはいえ)

Copyright (c) 2013-2017 Keiji Matsuzaki