読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

futoase

よろしくお願いします。

「暗号技術入門 第3版」を読んだ

読書 雑記

暗号技術入門

暗号技術入門 第3版 秘密の国のアリス

暗号技術入門 第3版 秘密の国のアリス

以前読んだことのある第2版は、カメレオンの表紙だった。

新版暗号技術入門 秘密の国のアリス

新版暗号技術入門 秘密の国のアリス

今年新しい3版が出るということで、会社に買ってもらった

内容は2015年の前半の内容に追いついている感じ

暗号の基礎、基本、これから、というのが第2版だったけど、
第3版ではSHA3や2014年に有名になったOpenSSLのHeartbleed脆弱性や、POODLE attackについて後のほうで取り扱っている

読んだほうが良い基本の書

というのは第2版を初めて読んだ感想といっしょ。
第3版はより新しい情報を取り込んでいて、SHA3のKECCHAKを扱っていたり、ビットコインのマイニングについて書かれていたり、新し目で深くはそこまで追ってなかった情報まで本を読んでいて理解することができた。

共通鍵暗号CBCモードなど

について、他の人に対して話をしたり、対応をするのが大変な場合、この本を読ませてお互い認識を深めておくのが良いのだろうなと思った。 
ストリーム暗号についてとか。認証局やメッセージ認証など。PGPの仕組みなど。

土日のお出かけの時に読んだけど、わかりやすい文章、図解が盛り込まれていて大変読みやすかった。

Copyright (c) 2013-2017 Keiji Matsuzaki