読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

futoase

よろしくお願いします。

「チェンジ・リーダー」の条件を読んだ

読書 雑記

はじめて読むドラッカーシリーズ読み終えた

3部作となっているはじめて読むドラッカーシリーズについて
最後となったチェンジ・リーダーの条件について読み終えた。

futoase.hatenablog.com
futoase.hatenablog.com

主な点は2つ

「マネジメントとは何か」と、「起業家精神について」の2つが書かれてる、
と丸めて言えると思う。

ドラッカー先生の著書(訳書)を読んでいたけど、
全体的に何がこの先必要とされるか、組織・個人が陥りやすいジレンマ、
NPOに学ぶモチベーション主体によるマネジメント(自分が評価されるからこそいる意味があるみたいな)など
その点が広く書かれていて、3部作のうち最初に読むべきものだなーとか思った。

起業家精神の章が刺さる

感じだった。起業家精神の章は、「ベンチャーが陥りやすい資金・組織の判断ミス」について書かれている。
投資環境が変わっていたりする今でも本当に陥るのかは自分は何か創業して責任負いまくって
成長させた...経験がないので分からないが、グサリとくるものばかりだった。

大企業が新しいことをやりたい場合新しい会社を建てて〜という下りについて
も思い当たるフシがあってあれこれ思い起こしながら読んだ。

企業を成長させるためのチームを編成しないとベンチャーは成長に自身を支えられなくなっていくけど
チームを結成するのにはコストもかかるし教育もかかる、創業〜成長初期のベンチャーだと
とてもじゃないけど耐えられない、けど判断しなければいけない、という感じで書かれてたり、
なんだかいろいろと考えていた。今所属している会社が成長しまくりな感じだったりするから...。

ビジネス書についてあらかた読んでいった気がする。
今関係している仕事のビジネス書以外は技術書中心に読んでいきたい。
インプットばかりもいいんだけどアウトプットもしたい。

技術書つってもなんか尖ったものとかそういうのというより、
何を読んで何を得たのか、がきちんと理解、噛み砕ける人になりたいな〜とか思った。

Copyright (c) 2013-2015 Keiji Matsuzaki