読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

futoase

よろしくお願いします。

2016年は虚しさを埋め合わせる年になってる気がする

人生 雑記

2016年、すでにQ1が終わった。3ヶ月が終わった。
あと8ヶ月経つともう2017年になるという話になる。

おっきいお金が必要な話になるなら202x年が〜というのが現実になる年である。

なんか周りを見てると、衰退の中で成長を見つけるには、というのを感じていたりする。
けど、それって衰退ではないな、と思っててどういう言葉がいいのかな?と思ったら
「虚しさ」ががっちり自分の中で当てはまった。

新しいメディア、LINEやTwitterや、また受動的な面が強いほうならはてぶもそうなんだけど、
結構滞留してる気がする。滞留してるものはいずれなくなるのだろうけど、次は決まらなそう。
衰退というか虚しさというか、使い続けてて疲れたというか、そういうのを感じる。

勉強会に飽きたとかいろいろと感じてたりするけど、
自分の老化もあるのかもしれない、が、な〜んか感じる。
もう少しすれば変化があって楽しいことがあるのかもしれないけど。

SNSに異常性や、政治とかなんつーか対処できない敵を作ったうえで不満を吐くことがバズって"表現"として受け入れられた時代は終わった感じがする。
吐いただけじゃ何も変わらないっていう虚しさを感じるようになった、というのが結論なんだろうか。

Copyright (c) 2013-2017 Keiji Matsuzaki