futoase

よろしくお願いします。

クラウド誕生を読んだ

今籍を置いている会社の必読書とされている本。

クラウド誕生 セールスフォース・ドットコム物語―

クラウド誕生 セールスフォース・ドットコム物語―

Herokuを過去に買収しているSalesforceを起業したマーク・ベニオフさんが書いた本の邦訳。(Herokuの買収って2011年か... 5年も前なんだ)

6年前に出版された本を今存在を知って読む自分は一体。

必読書読み切ったのかなと思ったけどまだあった。

Salesforceを起業してから10年間を綴った本

Salesforceが起業したのは1999年。本が出たのは2010年で、
ドットコムバブルとリーマンショック、2つの景気後退について軽く振られつつ、
Salesforceが10年で何をしてきたのかについて100個ほどの小さい節に切られた形で
まとめられている内容だった。

冷めた印象を受ける

起業するぞ!とか金集めるぞ!とか!!がたくさん出てくるような内容ではなく、
かといって目標はグローバル進出とかそういうのもあるのだけど、
一貫して冷静に書かれた内容だった。

個人的なまとめ

  • 起業するときの金集めは銀行相手だけではなく親族を当てにしてみるのも良さそう(2016年では事情が異なりそう。5万ドル〜なら即納得なら出すVCあるような時代ではあるし...これだけでは1年も生きられないかもしれないが)
  • 大きい相手を相手にする(マーケットのリーダーに対抗する)
  • 起業時の思いなどについて大きくなっても忘れないこと(CEOの性格 == 会社の性格というのって抜けないと個人的に思ってたりする)
  • "起業時に思い描く1年はあまり色々できない。ただ10年という間にできることについても見積もりができてない"というのがグサグサささる。そう、自分たちの力を過信しすぎなのだ...というのと10年については遠すぎて見通せないのかもしれない
  • CSR(社会貢献)について書かれていたけど、日本だと伝統的なのは植樹や公園整備だったり、文具メーカーなら文具の提供など思いつくのだけど、今はもっとバリエーション増えてたりするんだろうか…?

もう必読書がないと思いたい、が見つけたら読もう

Copyright (c) 2013-2017 Keiji Matsuzaki